圧力鍋で作る!基本の肉じゃが

材料4人分

牛薄切り肉
5~6cm長さに切る

200g
糸こんにゃく
必要に応じてアク抜きして食べやすい長さに切る

1袋(180g)
【A】しょうゆ

大さじ3
【A】酒

大さじ3
【A】みりん

大さじ1
【A】砂糖

小さじ1
じゃがいも
メークインがおすすめ、男爵は煮くずれしやすいので注意

400g
にんじん

1本
たまねぎ

大1玉(300g)
スナップエンドウ

適量

調理時間           20分

一言メッセージ

「おふくろの味」の代表、肉じゃが。

でも圧力鍋で作ると、

煮崩れた! 味が染み込まない! 思ったより時間が掛かった!

というお悩みも多いもの。

そこで、そのお悩みを解決する基本のレシピをご紹介します。

圧力鍋で上手に作るための工夫がたくさん詰まったレシピです。

牛肉で作りましたが、豚肉でも同様に作れます。

動画

作り方

  1. 下ごしらえ

    牛肉は長ければ5〜6cm長さに切る。糸こんにゃくは必要に応じてアク抜きして食べやすい長さに切る。

    ポリ袋に【A】の調味料を全て入れて砂糖が溶けるまでよく混ぜ、牛肉と糸こんにゃくを加えて軽く揉み込み、

    冷蔵庫で10分ほど置く。

    お肉にしっかり味つけしておくと、水っぽさを感じません

  2. 材料を切る
    玉ねぎはくし形切り、にんじんは大きめの乱切りにする
    じゃがいもは皮をむき40〜50g程度に切り分け、しっかりと水にさらす
    じゃがいもを水にさらしてでんぷんを取ると、煮崩れしにくくなります
  3. 圧力鍋に入れる
    圧力鍋に玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを入れ、
    牛肉と糸こんにゃくを漬け込んだ調味料ごと全て入れる
    牛肉をほぐして全体に広げて、水100mlを加える
    加える水は100mlだけ。調味料と合わせて、圧力鍋の最低水分量(200ml)をクリア! 
    調味料も少なくて済むし、水っぽくならなくて一石二鳥! 

    火にかけて、沸騰して圧力がかかったら、すぐに火を止める

  4. 加圧調理

    火にかけて、沸騰して圧力がかかったら、すぐに火を止める(ゼロ活力なべ 赤オモリ使用時)

    圧力鍋によっては2〜3分加圧調理して火をとめる

    ちょっと短いかな?と思う程度で火を止めて、あとは余熱に任せて。
    加圧しすぎないのも、煮崩れさせないポイント 

  5. 減圧

    圧力が下がるまで、そのまま余熱でしばらく待つ

  6. ふたを開ける

    圧力が下がったらふたを開ける。

    煮汁につかってないじゃがいもはひっくり返す。

    ひっくり返して煮汁につけておけば味が染み込みます

  7. 仕上げ

    器に盛り付け、お好みでスナップエンドウなどをあしらう

ポイント

電気圧力なべでも作れます!

手順(3)で加える水を「50ml」に減らしてください。
加圧時間は、オートメニューの「肉じゃが」を目安にしてください。

オートメニューがない機種は、3〜5分で設定してください。

※作り方オレンジの番号は圧力鍋での作業です