圧力鍋でトロトロ!牛すじ煮込み(牛すじ肉とこんにゃく)

材料4人分

(牛すじの下ゆで)

(税込)
牛すじ肉

500g
下ゆで用

300ml
下ゆで用

50ml
(牛すじ煮込み)

(税込)
牛すじ肉(下ゆでしたもの)

500ml
こんにゃく

1枚(250g)
砂糖

大さじ1〜2
みりん

大さじ1
しょうゆ

大さじ2
牛すじのゆで汁

1カップ(200ml)
刻みネギ・七味唐辛子など

適量

調理時間  

一言メッセージ

圧力鍋で作りたい!トロトロの牛すじ。
普通のお鍋なら、2時間コースのお料理が、圧力鍋なら驚くほどの短時間で、作れます。トロトロに煮込まれた牛すじは最高!

下ゆでした状態で、冷凍保存しておけば、あとは具材と調味料を加えて、さっと煮るだけと、お手軽です。

こんにゃくの他、長ネギ、大根、にんじん、ごぼうなど、お好みの野菜をプラスするのもおすすめです。

お酒のおつまみに、白ごはんにも相性抜群!

ぜひ、お試しください

動画

作り方

  1. ゆでこぼし

    鍋に牛すじ肉とかぶるくらいの水(分量外)を入れて沸騰するまで火にかける。

    沸騰したら火を止めて、牛すじ肉はさっと水洗いして水気を切る(このゆで汁は臭みが出ているので処分する)


  2. 牛すじ肉を一口大に切る。この時、すじ肉の状態(固いか柔らかいか)を確認する
    (肉の状態で、加圧時間を調整します)
  3. 圧力鍋で下ゆでする

    圧力鍋に、切った牛すじ肉と分量の水・酒を入れてふたを閉める。

    高圧にセットして火にかけ、沸騰して圧力がかかったら、3〜20分加圧調理する
    ・高圧の圧力鍋なら、3〜10分、低圧の圧力鍋の場合は、10〜20分を目安に

  4. 減圧

    圧力が下がるまで、そのまま余熱でしばらく待つ

  5. 下ゆで完了

    圧力が下がったらふたを開ける。

    ・ゆで汁は冷ますと上に脂が固まるので、固まった脂を取り除くとスッキリした牛スープとして使えます

    ・ゆでたすじ肉は、ジッパー袋などで冷凍しておくと、すぐに使えて便利です

  6. 牛すじ煮込みを作る

    こんにゃくは一口大にちぎって塩揉みし、水洗いしておく。

    圧力鍋に、下ゆでした牛すじ肉と下ごしらえしたこんにゃく、砂糖、みりん、しょうゆ、牛すじ肉のゆで汁を加えてよく混ぜる。

  7. 圧力調理

    ふたを閉め、高圧にセットして火にかける。

    沸騰して圧力がかかったら、1〜5分加圧調理する、

  8. 減圧

    圧力が下がるまで、そのまま余熱でしばらく待つ

  9. 仕上げ

    好みで煮詰めても良い。

    刻みネギや七味唐辛子をあしらってできあがり

ポイント

牛すじ肉の状態や、使う圧力鍋によって加圧時間が異なります。

柔らかく薄い肉や赤身が多い肉の場合は、3〜10分を目安に、
白くて固いスジや分厚い肉が多い場合は、10〜20分を目安にしてください。

一旦ゆでこぼししてから、圧力鍋で下ゆでしているので、ゆで汁は透き通っていて、スッキリとした味わいです。
ゆでこぼしの際は、肉の中まで火が通ってなくても大丈夫です。ゆでこぼしをすることで、肉の表面が固くなり、包丁で切りやすくなるのもポイントです。

※作り方オレンジの番号は圧力鍋での作業です